テーマ:深海生物

都会のビルディングの「深海」でメンダコと戯る~ゾクゾク深海生物@サンシャイン水族館【復活節前8】

 今日(2月19日、復活節前第8日曜日)のカンタータは、  初期のBWV18、  ライプツィヒ1年目のBWV181、  2年目(コラール・カンタータ)のBWV126、  の3曲。  第2年巻、コラールカンタータの驚くべき純化は、いよいよ極限に達しようとしています。  過去記事は、こちら↓  <復…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏休み科学特集・ダイオウイカふたたび、他~科博で行われていたイベント【三位一体節後8】

 今度の日曜日(8月10日・三位一体節後第8日曜日)のカンタータは、  おそらく初期作を改変した、BWV136、  第2年巻のコラール・カンタータ、BWV178、  後期のBWV45、  の3曲です。  過去記事は、こちら。↓  <三位一体節後第8日曜>     三位一体節後第8日曜(BWV…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心躍る深海展と多彩なアジアの音楽~秋の上野を味わい尽くす【三位一体節後19】

▽ ポスターを激写しました。  今週の日曜日(10月6日、三位一体節後第19日曜日)のカンタータは、  1年目のBWV48、  コラール・カンタータ(2年目)の、BWV5。  4年目の、バスのための、おなじみBWV56です。  過去記事は、こちら。↓  <三位一体節後第19日曜> …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巨大イカと清盛・深海に還っていったものたち~年末年始に観たもの聴いたものTV編【顕現節後第2日曜日】

 今度の日曜日(1月20日)は、顕現節後第2日曜日。  カンタータは、  初期のBWV155、  コラール・カンタータ(第2年巻、あるいは後期(1726年)の年巻補完作)のBWV3、  後期のBWV13、  の3曲。  この祭日のカンタータは、たいへんな名作ぞろい。  記事も、けっこう書いています。  B…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思いつくままに・清志郎さんとO.レディングほか~今年前半に聴いたCD・つけたしのつけたし

 今年前半に聴いたCD特集。  最後に、クラシック以外の最近の愛聴盤を、思いつくままに。  Colors         MANAMI MORITA   ジャズで、最近一番よくかけているのが、これ。  インディーズ・レーベルからのリリースですが、MANAMI さんは、すでにNYなどの第一…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

適当深海生物図鑑 Vol.3 付録:心に残る海洋小説、まんが

 先週末の土曜日は、文化の日。  芸術の秋、読書の秋、ということで、こりずにまた書いてしまいました。  今日は、  深海の発光生物  極めつけ2種類!  このごろ、深海生物や変わった生物がちょっとしたブームのようで、  TVで貴重な映像を…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

適当深海生物図鑑 Vol.2 付録:心に残る海洋小説

 世の中は、夏休み、お盆休みの真っ只中。  夏休み、で思い出すのは、自由研究や、図画工作の宿題、  と、いうわけで、適当深海生物図鑑 Vol.2です。  前回の記事で年巻完成のご挨拶をしたので、しばらく休むつもりでしたが、あまりひまなので、また記事を書いてしまった。  しかも、よもやこの深海生物図鑑を続けようとは、自分でも思…
トラックバック:1
コメント:18

続きを読むread more

適当深海生物図鑑 Vol.1

 【リュウグウノツカイ】  体長は一般的に2~3メートルと言われてますが、大きなものは5~6メートルに達し、実際に、サンシャイン国際水族館にある剥製は、5メートル近くあります。(下の写真)  でも、深海で元気なものは、決して人目に触れることが無いため、  大きなものになると、実は、そんなものではないのでは、など…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

「深海の変わった生き物たち」 at サンシャイン国際水族館 + Zoo-Zoo広場

 期間限定公開。  「深海の変わった生き物たち」 ~7月8日まで  サンシャイン国際水族館(池袋サンシャインシティ)  ヴェルヌの「海底2万マイル」などの影響で、深海にはあこがれ?みたいなものがあります。  もちろん深海生物も大好き?です。  池袋駅周辺に、ポスターがたくさんはってあり、ずっと気になってたので、  6月6…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

過去ログ

テーマ別記事