コラール・カンタータについて その1 + 三位一体節後第16日曜(BWV8、95他)~オジェー

 おとといお知らせしたばかりで、たいへんあわただしいですが、
 今日(10月1日)は、三位一体節後第16日曜日。

 またまた、名作、BWV8(コラール・カンタータ、第2年巻)が登場します。
 その他、
 初期のBWV161
 ライプツィヒ1年目(第1年巻)のBWV95
 後年のBWV27です。

 今日の該当福音章句は、有名な「ナインの若者のよみがえり」の物語。
 死の時を刻み続けるフルートが印象深いBWV8の冒頭合唱、
 コラールをふたつ盛り込んだBWV95の冒頭合唱、など、
 この世のものとも思えぬ美しい響きが特徴的なこの日のカンタータですが、
歌詞を見ると、実は、ここでは、死へのあこがれが、徹底して追及されているのです。
 無条件なまでの、死に対する甘美な憧憬のようなものが、このような天上的とも言える響きにつながったものと思われます。
 死の先にある復活へのあこがれ、ということなのでしょうか。

 いずれにしても、わたしたち一般の日本人からすると、なかなか理解しにくい部分ではあるのですが、音楽の美しさは、人種や宗教を超えて共通なのにちがいありません。
 無心で耳を傾けると、圧倒的な存在感で胸に迫ってきます。

  *    *    *

 さて、名作BWV8については、また別の機会にあらためてゆっくりご紹介するとして、
ここでは、BWV95について、ちょっとお話します。
 
 BWV95は、4曲ものコラールで全曲が構成された、意欲的な実験作。
 ソプラノが歌う第3曲も、ちょっと聴くとアリアのようですが、オーボエのオブリガートに装飾されたコラールなのです。

 バッハのカンタータの中には、このように美しく編曲されたコラール楽章がたくさんあります。
 ご存知のように、代表的なものは、最晩年バッハ自身の手によって、シュープラーコラール集に編纂されましたが、その他にも、このような曲がたくさんあるのですね。

 CDは、リリング盤、アーリーン・オジェーが歌ったものが最高です。

画像


 前述のように、ここでのオジェーはただコラールを歌っているだけなのですが、
とびっきりの美声と豊かな表現力によって、アリアに負けず劣らず心に訴えてくるものがあります。

 リリングのカンタータ全集は、以前聴いたときに地味な印象だったので、ずっとほっておいたのですが、いろいろな方にすすめられて聴いてみたところ、聴く演奏、聴く演奏、みんなすばらしいので、びっくり。
 当然、現代楽器による演奏になりますが、当時のドイツ最高のメンバーが集結したという器楽奏者や歌手の競演、それをしっかりと包みこむリリングの信頼感あふれる指揮ぶりは、聴けば聴くほど味わいが増します。

 とにかく、何といっても、このオジェーを筆頭に、歌手がすばらしい!
 この全集は、オジェーの歌が心ゆくまで楽しめる、というだけでも、かけがえのない価値があります。
 カンタータは、やはり、歌です。

  *    *    *

 ところで、BWV8は、上に書いたとおり、コラール・カンタータの代表作です。

 一方、BWV95にも、コラールが4曲も使われているわけですが、それなのに、こちらは、厳密にはコラール・カンタータではありません。
 BWV8は、冒頭合唱と終曲に、ノイマンのコラールが使われ、その間の曲の歌詞も、すべて同じコラールから派生したものです。
 このように、歌詞はもちろん、場合によっては音楽のすみずみにいたるまで、当日のテーマに関連したたった1曲のコラールを素材にして、そのコラールを徹底して掘り下げ、発展させることによって全曲が構成されているカンタータを、特にコラール・カンタータと呼んでいるのです。

 BWV95は、コラールを4曲も使用してるがゆえに、コラール・カンタータではありません。
 内容的にも、音楽的にも、1曲のコラールに基づくかどうか、が、ポイントなのですね。
 従って、ほとんどのカンタータにはコラールが使われていますが、すべてがコラール・カンタータというわけではないのです。

 今回は、語句説明だけしておきましたが、
 「コラール・カンタータ」については、今後順番に、ゆっくりとお話していきたいと思います。
「全体記事目次」

カンタータ日記・奥の院

浅田真央さん情報・最新版

宮沢賢治記事目次

カンタータ日記・大阪モダン建築図鑑

画像





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

過去ログ

テーマ別記事