ジャズと無伴奏

 山下洋輔の、無伴奏チェロ・ト長調プレリュード。
(ピアノ・ソロ)

画像


 バッハがらみのジャズはたくさんありますが、
バッハのメロディーのみを借用して、アドリブを行うだけ、というイメージがあって、正直言ってこれまで、そんなに好んで聴くほうではありませんでした。
 それでも、比較的好きで、昔よく聴いたのが、このアルバムです。

 あの懐かしいテーマに基づき、やりたい放題、思う存分即興演奏を繰り広げたあと、
そのクライマックスで、プレリュードの全曲が、ほぼ原曲の楽譜どおり、まるで風が吹き抜けるかのような勢いで一息に演奏され、曲が終わります。

 つまり、この曲の場合、バッハの原曲がそのまんま、しかも最も効果的に利用されている、ということ。
 この曲を聴けば、あのプレリュードそのものを聴いたことにもなるわけで、実際、これは今でも、ト長調プレリュードの演奏の中で、わたしが最も好きなもののひとつです。

 今やすっかり流行作家になった伊坂幸太郎が、無伴奏組曲について、小説の主人公に、
 「優雅で切なくて、そよ風とも嵐ともつかない」
と言わせていますが、ちょうどそんな感じでしょうか。
(作品のタイトルはちょっと思い出せません。すみません)


  *    *    *


 ところで、無伴奏といえば、すぐに映画「真夏の夜のジャズ」を思い出します。

 ネイサン・ガーシュマンが薄暗い控え室?で、やはりト長調プレリュードを弾いているシーン。
 どうしてこの曲なのかはよくわかりませんが、練習なのでしょう。
 原曲をまじめに弾いています。(この人はもともとクラシックの人です)
 でもなぜか、裸で、しかも汗をだらだらかいています。

 合間に突然映し出されるニューポートの風景。
 回転木馬と観覧車。野原で遊ぶ裸の子供たち。
 夕暮れのビーチ。帰り支度をする人たち。ふらふら歩き回る酔っ払い。

 音楽が途切れ、煙草に火がつけられ、また途中から音楽が続きます。
 薄暗がりに流れる煙。

 まあ、こんな感じなのですが、
このシーンだけで、いったい何人のジャズファンがバッハに走ったことか。

 ガーシュマンのいたチコ・ハミルトン・バンドのライブ映像では、若きエリック・ドルフィーがちらっと映ります。
 ドルフィーもまた、サックスやバスクラ、フルートの、「無伴奏」の演奏が得意だった、孤独な音楽家ですが、それはまた別の話。

 そう言えば、バドと並ぶピアノの巨人、セロニアス・モンクの貴重なライブ映像も、アニタ・オデイの映像とともに、この映画前半のハイライトでした。

画像



* これも、以前、あるHPに投稿した文章をもとにさせていただきました。
「全体記事目次」

カンタータ日記・奥の院

浅田真央さん情報・最新版

宮沢賢治記事目次

カンタータ日記・大阪モダン建築図鑑

画像





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

過去ログ

テーマ別記事