ゴーヤ日記・料理レシピ付 Vol.7~たことゴーヤのピリ辛炒め+三位一体節後第13日曜(BW33他)

 東京は、ここ数日の間で、突然すずしくなりました。どうせまた、暑くなるとは思いますが。
 天候が変わりやすいので、みなさん、健康には十分気をつけましょう。
 台風も近づいているようで、心配です。

 ふと気がついてみれば、せみの声を、あまり聞かなくなりました。
 そのかわり、夕方になると、いつの間にか、虫の音が・・・・。
 街のあちこちでは、芙蓉やむくげの花が満開です。
 毎日、行きと帰りで色が変わっている酔芙蓉を見るのも楽しみ。

 また、夜の街を歩いていると、どこからか風に乗って、一夜限りの芙蓉の花の、うっとりするような甘い香りが漂よってきます。
 そちらに足を向けると、電灯のぼんやりとした光の中に、いくつもの白い花が揺れている。
 
 虫はもちろん、芙蓉やむくげも秋の季語。
 あんなに、暑い暑い、と文句言ってたのに、何だかちょっとさびしい気持ちになってしまう、今日この頃。



▽ これはむくげの花?わたしにはちがいがよくわかりません。
  夕暮れ時に撮ったので、一日咲きおえて傷だらけですが、(虫がたくさん来るのです)
  何て美しい!

画像




 今日は、三位一体節後第13日曜日。
 特に根拠があるわけではありませんが、教会暦別目次では今日から秋の暦にしてみました。

 カンタータは、
 第1年巻のBWV77
 第2年巻のBWV33
 その翌年のBWV164
 です。

 3曲とも、そろいもそろって、見事に知られていないマイナー曲ですね。
 CDも、全集盤がほとんど。

 みなさん、だまされたと思って、
 BWV33のアルトアリア、
 ピチカートのストリングスと弱音器付Vnの織り成す妙なる調べ、
 BWV77のアルトアリア、
 夜明けのジャズ・トランペットを思わせる寂寥感あふれる世界、
 など、聴いてみませんか。
 特に、BWV77は、ちょうど今みたいな初秋の季節にぴったり。


 まあ、たまには、こんな日もありますね。

 わたしの年巻最後の記事だというのに、こんな感じになってしまいました。



 さて、我が家のゴーヤ、
 あまりにも暑すぎた夏のダメージか、ちょっと元気がありません。
 全体的にひょろひょろ、葉っぱも縮れがち、雌花がほとんど咲かないので、実のなりもあまりよくない。
 せっかく実がなっても、まだ大きくなるかな、と思ってそのままにしておくと、暑さであっという間に真っ赤になり、食べられなくなってしまいます。


画像



 この頃、検索ワードで一番多いのは、「バッハ」でも、ましてや「カンタータ」でもなく、
 「雌花が少ない」、です。(笑)
 つまり、全国的に同じ悩みを抱えてらっしゃるが大勢いらっしゃる、ということ。
 いろいろ調べたのですが、結局、早い段階できちんと摘心することと、できるだけ水を絶やさないことくらいしか対策は無いみたい。
 せっかく検索していただいた方には、何もお役に立てず、申し訳ないかぎりですが、
 まあ、今から摘心というのも致命傷になりそうな気もするので、
 わたしも今後は、とにかく、水をできるだけたくさんあげようと思います。
 9月になって、どれだけ復活するか。
 いずれにしても、今年の経験を来年に役立てていくしかないですね。



▽ 東京の夕焼けは、ほんとうに美しい。
  たまに、ふと空を見上げて、息を飲んでしまうことがある。
  でも、これは、空気が汚れているから?

画像




 と、いうわけで、またまた、これ以上は、書くことがありません。
 そこで、カメラを買い換えたことですし、
 8月中の、例によってだらだらとした生活の中で写した写真を、何枚か、ご紹介しましょう。



▽ 某デパート屋上。いつもここでさぼっています。
  ちょっとしたリゾート気分。風が意外とすずしい。

画像


 以前はサンシャインだけでしたが、だいぶ高層ビルが増えてきました。

画像




▽ こちらは、自宅のすぐ近くの公園。
  さきほどの屋上か、こちらの公園か、いつもどちらかにいるような気が・・・・。(笑)
  この公園内に、大きな図書館と、よく行くお気に入りのレストランがあります。
  せみの声が一番すごい頃。

画像




▽ 8月末に、めずらしく暑気払いに出席した。
  まちがえて早く着きすぎたので、会場近くの鬼子母神周辺を散策。

画像
画像


 東京最後の都電。ほんとにビルが増えた。

画像




 以下、以前書いた麺類の記録(中華編)の、8月追加分。


▽ たまに行く博多ラーメンのお店、一風堂で、
  「極新味」(きわみしんあじ)というのができたので、勇気を出してたのんでみた。
  (一日限定30食、なんと、1300円!)
  一杯4味、ということで、食べ方に細かい手順があり、
  食べる前によく読んでおくように、と、食べ方の解説書を渡された上、
  店員さんが入れ替わり立ち替わり特製調味料等を持ってきて、食べ方の説明をする。
  まわりのお客さんの視線が恥ずかしい・・・・。
  でもすごくおいしかった。

画像


 ↑ 写真をクリックすると、食べ方の解説書(店長直筆のお礼付・笑)が見られます。
   例えば、手前左のチビ雑炊は、
   茶碗蒸しをスープに溶いただけの段階の、
   「ヌーベ」等の調味料を入れる前のスープで作らねばなりません。
   ただ、厳しく言うだけのことはあって、この雑炊が、一番おいしかった。


▽ これも、たまに行く熊本らーめんのお店、桂花で、
  新しくつけめんができたので、食べてみました。
  気のせいか、いつものラーメンの、
  スープと、めん+具を、単に別々にしただけ、のような気も・・・・。
  まあ、おいしかったです。いつもと同じく。(笑)
 
画像




▽ 自宅のすぐ近くの生垣にずっと咲いている変な花。
  一つ一つの花はすぐにしぼんでしまいますが、
  びっしりとつぼみがあり、それらが順番に少しづつ咲いて、
  もうずいぶん長い間、咲き続けてます。美しい、というより、明らかに、妖しい。

画像




▽ 向日葵の坂道
  梅雨のころ、紫陽花の坂道だったのが、
  向日葵の坂道になっていました。????

画像




 さて、恒例の料理レシピ、今週は、これだ!
 昔、TVで見て、作ってみたら、おいしかった。野菜もたくさんとれて、夏バテぎみの今の時期にぴったり。


 【特別ふろく:自己流ゴーヤ料理レシピ・その7】

  たことゴーヤのピリ辛炒め


 1、ゴーヤ1本はわたを取り、薄切りにする。
   苦味を取るため、塩をまぶしてしばらく置いたあと、水洗いして水気をきっておく。

 2、とうがらし1/2本は種を除き、輪切りにする。

 3、玉ねぎ1個は薄切りにする。
 
 4、ゆでだこ150~200gは、食べやすい大きさにそぎ切り。
 
 5、フライパンに油を熱し、とうがらしを入れる。
   玉ねぎを加えて炒め、しんなりしたところへゴーヤを加えさらに炒める。
   火が通ったら、ゆでだこを加えさっと炒め、
   みりん大さじ4、しょうゆ大さじ2を入れ、全体になじむまでさらに炒める。

  ※とうがらしはなくてもよい。
   玉ねぎを多めにすると甘味が増しておいしい。


  <できあがり>

画像


 牛丼風に、ごはんにかけてもおいしい。







そのほかの「記事目次」

「全体記事目次」

カンタータ日記・奥の院

浅田真央さん情報・最新版

宮沢賢治記事目次

カンタータ日記・大阪モダン建築図鑑

画像





この記事へのコメント

2007年09月02日 09:02
カメラ変わったよね?
花はより鮮やかに美しく写ってるし、
食べものはより原色に近くて美味しそうに写ってるし、
風景はより迫り来るようになりましたね。
しばらく遊べそうですね。(^-^ )

変な花はトケイソウでしょうか。
2007年09月02日 10:56
こんにちわ。
77番、渋くて好きな曲です。5曲のアリアのトランペットが良い!マイルスに吹いてもらいたかった曲の一つ(笑)。第6曲のコラールは「あれっ?」という感じの尻切れトンボ的な終わり方でいつもとまどいます。これはバッハは意図的にやっているのでしょうかね?

>東京の夕焼けは、ほんとうに美しい。
私も最近良く思います。気持ち悪いほど、きれいな色合いの時が良くあるなあと思います。うちのそばの住宅街が夕焼けでオレンジ色にそまるのですが、まるで日本ではないような不思議な感じになるのです。何なんだろうと思っていたのですが。

ゴーヤ料理のレシピありがとうございます(笑)。
では早速・・・


  

2007年09月02日 19:53
 Papalinさん。こんばんは。
 さすが、するどいですねー。前のカメラ、すごかったんですよ。
 デジカメのくせにファインダーがついていて、そこからのぞいて撮ってました。よろしかったら、こちらの記事をごらんください。
(→右URL→)

 トケイソウのURL、ありがとうございます。
 びっくりしました。ほんとうに機械みたいですね。これは、めずらしいのかな。近所にうじゃうじゃ咲いてますが。 
2007年09月02日 21:25
 たこすけさん。こんばんは。おひさしぶり。

 これは、いきなり、うれしいコメントですねー。
 77番については、何だかめんどうになって、本文では一言もふれなかったので、なおさら。
 トランペットの曲には、マイルスに吹いてほしいのとブラウニーに吹いてほしいのがありますが、おっしゃるとおり、これは断然マイルス!
 もちろん、ミュートをつけて。(笑)
 そもそも、このような、トランペットのオブリガートはめずらしいのです。
 せっかくなので、あとで本文にも一言付け加えさせてください。お許しを。

 読んでくださってる方の参考のために、昨年わたしが書いた記事を、参考に貼り付けておきます。
(→右URL→)

 コラールは、たしかにちょっと一節足りない感じですが、このようなのは他にもあります。
 ただ、この曲の場合、確か歌詞が欠落していて、推定の歌詞で補っているので、そのあたりに原因があるのかもしれませんね。

 東京の夕焼けは、美しいですが、ほんとにあまりにも不自然な時がありますね。まるで誰かが色をつけたみたいな。
 いったいどうなってしまうんでしょ。

この記事へのトラックバック

過去ログ

テーマ別記事