東京マラソン 2008(+真冬のサンバ!) + RiSuPia(パナソニック・センター)

画像




 2月17日(日)、快晴。
 全東京あげてのビッグイベント、東京マラソンに行ってきました。


 と言っても、もちろん、ぶくぶくに服を着こんで、応援+見物です。


 だいたいわたしは、人間が42キロもの距離を走るなんて、基本的におかしい、ありえない、と思っています。
 TVでよくマラソンは見ますが、いまひとつ現実のものとして実感できずにいました。

 新宿から、中央線にそって大回りで日比谷に行き、そこから品川まで往復、さらに浅草まで往復、そして有明まで行って、ゴール。
 そもそも、歩け、と言われてもムリです。

 だから、今回の、初めてマラソン観戦は、貴重な体験になりました。


 行く途中、乗り換えた豊洲駅付近の沿道で、例の新聞社のハタをもらい、とりあえず応援。
 まだトップの方が走ってるところで、ものすごいスピードにただただびっくり!
 たとえ一瞬たりとも、このスピードでは走れないぞ。
 
 その後、有明のゴール地点に行き、42キロを実際に走りぬいた人たちがゴールする様子を、この目で確かに目撃して、感動してしまった。


 結局、参加者総数3万2426人、(抽選で決定)完走率は驚異の97.8%だったそうで、そんなにもたくさんの人が、東京中に縦横にはりめぐらされたコースを走りぬいたわけです。

 フルマラソンの経験がある人間とそうでない人間とでは、決定的なちがいがある、と言ってもいいような気がする。
 それほどたいへんなことだと思います。



 ゴールの有明、東京ビッグサイト。
 スタジアムではないので、ゴール前のデッドヒートがいまいち盛り上がらないかもしれない。
 上空の機械は、カメラ。ものすごいスピードで、滑走する。

 仮装しているランナーもけっこういて、
 その都度、
 カッパー、がんばれー、とか、
 ピカチュー、あと少しだー、とか、
 歓声があがり、カッパやピカチューも大喜びで声援に応える。見ていて意外とあきない。

画像



 ゴールわきの広場では、常にイベントが行なわれていて、ランナーに熱いエールを送リ続ける。
 大迫力の和太鼓と、高校生連合の踊り+マーチングバンド。

画像
画像



 またまた出ました仲見世バルバロス

 夏の浅草サンバカーニバルでおなじみ。

 寒さに負けず、ダンサー勢ぞろい!

画像


 ランナーにいっしょうけんめい声援を贈るダンサーたち。
 中には、やおらカメラを取り出し、ダンサーを撮るランナーも。
 意外と余力がある?

画像


 真冬のサンバ、大爆発!

 
画像



 サンバチームの前を、東国原宮崎県知事一行、通過。
 これは、サンバチームを撮ってたら、偶然写った。
 猫ひろしも見たが、あまりにもすばしっこくて、写真に撮れなかった。
 後でニュースを見たら、わたしがゴール地点にいる時、他に、にしおかすみこなどもゴールしていたはずだが、サンバに夢中でまったく気づかなかった。

画像




 この日は、東京中で、関連イベントが。
 
 これは、有明イーストプロムナード(石と光の広場)の、
 ダンスやパフォーマンス+世界や日本各地の料理の屋台村。
 すっごい人。

画像



 警察のブースのピーポくんカップル。
 ピーポの彼女?初めて見た。

画像



 インド料理の屋台。
 どこにも店名が書いてない謎の屋台。
 タンドリーチキン丼とサモサが驚くほどおいしかった!

画像
画像



 その他、さまざまな団体のブースがあり、おしるこや甘酒、お茶などの無料配布や、福引をやったりしていました。



 その後、会場横の、パナソニック・センター内にある、
(上の有明イーストプロムナードの写真の左側の大きな建物)
 RiSuPia(リスーピア)へ。


 RiSuPia(リスーピア)は、理数系の原理や法則を、さまざまな実験や、光と音の映像体験を通して学ぶことができる体感ミュージアム。

 
 不思議な実験やアトラクション自体はものすごくおもしろいのだが、必ず、不思議の種明かしや物理や数学の原理を学ぶようになっている。
 一応、小学生くらいを対象にしているようだが、原理を理解しようとすると、頭が痛くなってくる。

 1年分くらいは勉強した気がする。


 素数ホッケーがものすごくおもしろかった。
 エアホッケーの円盤(パック)のかわりに、どんどん数字(映像)が流れて来る。
 流れてくる数字のうち、素数はそのままにしておいて、素数以外をはねかえす。すると数字は約数に分解され、相手側に流れていく。
 素数以外をはねかえせず、通過させてしまったら、マイナス。
 これで得点を競う。
 読んでもなんだかまったくわからないでしょう。ぜひ、体験してみてください。

 ↓ こんな感じ。(パンフより) 

画像



 パナソニック・センターの庭のイルミ。

画像




 お台場・有明周辺は、いつもどこか工事している。
 この都市はどこまで増殖してゆくのか。
 今後どのように変貌していくのか。

画像




そのほかの「記事目次」

「全体記事目次」

カンタータ日記・奥の院

浅田真央さん情報・最新版

宮沢賢治記事目次

カンタータ日記・大阪モダン建築図鑑

画像





この記事へのコメント

2008年02月22日 19:45
お陰さまで、出かけないでこのビッグイベントを全部体験出来ました。
本当に仰るとおり、42.195kmを走るのは考えられません。
しかも早いのですよね。そしてこんな大勢の方がね。
それにこの寒空(この日は寒かったですね)に肌も出してサンバを踊るというのも、なかなかです。本場は夏ですが、地球のこちら側は冬ですものね。
滑走するカメラというのも凄いですね。
本当にNoraさんは全てを見尽くす方ですね。
私の穴だらけに観察に比べてその緻密な観察力に脱帽です。
そして行動力も。
とても面白かったです。感謝しております。
2008年02月22日 23:45
 こんばんは、tonaさん。
 まったくマラソン観戦に行ったのか、サンバを見に行ったのか、わからないような記事になってしまいましたが、読んでくださりありがとうございます。
 マラソン観戦は初めてでしたが、一番驚いたのはやはりそのスピードでした。わたしが見たのは、トップ集団の少し後くらいだと思うのですが、それでもまるで飛ぶように走っていて、とても同じ人間とは思えませんでした。
 後の方の一般の方も、ゴール付近になると、声援に応えて最後の力をふりしぼり、けっこうなスピードで走ります。

 ところで、サンバのお姉さんたちですが、ほとんど浅草のサンバチームの日本人の方です。さすがにこの季節に素肌、というのは厳しいので、実は、全身タイツを着ている方もいるのです。
 でも、そうでない根性のある方もいらしゃいました。
 マラソンもサンバも、どちらも、すごい!

この記事へのトラックバック

過去ログ

テーマ別記事