食欲の秋!ディズニー・ア・ラ・カルト~久しぶり、ディズニーシーの秋を味わいつくす。

 最近は、ディズニーランドばかり行っていて、ディズニーシーは、昨年の春以来。

 ディズニーシーでも、ディズニーリゾート25周年記念のスペシャルイベントが続いていますが、この秋は、聞いただけでもおいしそうな、


 ディズニー・ア・ラ・カルト (~2008年10月31日(金)まで)

 
 が行なわれています。


 この日(10月4日(土))は、雲ひとつ無い好天に恵まれ、絶好の行楽日和。
(ちょっと昼の陽射しが強かったけれど)
 ゆっくりと、乗り物などを利用しながら、だいたい時計回りで、パーク内を全部で3周して、「ディズニー・ア・ラ・カルト」を味わいつくしました。


 
 ディズニーシーも、 

 25周年デコレーション 

 で華やかに飾られています。


画像



 もちろん、ランドと同じ、「夢の鍵」が。

画像



 これも、ランドと同じく、たくさんのゲストの顔写真で作られたボード。

画像

 
 
 
 いよいよ、「ディズニー・ア・ラ・カルト」のしおり
(エントランス、ゲスト・リレーション、一部のレストラン、ショップなどでもらえます)
 を片手に、散策開始。

 ディズニー・ア・ラ・カルトとは、パーク内のさまざまな場所で、グルメを中心にしたさまざまなイベントが行われ、もちろんレストランでも、スペシャル・メニューの数々が用意されている、というものでした。



 ちょうどお昼に着いたので、いきなり昼食。

 ディズニー・ア・ラ・カルトの一環の、

 フェスタ・ピノキオ

 が開催中の、カフェ・ポルトフィーノへ。


 レストランの内外は、いろいろなピノキオ関連のモチーフで飾られています。

画像


 
 本格的なチキングリル。
 デザートも、限定スペシャルで、ピノキオの顔入り。(右)

画像
画像



 レストラン前の、奇妙な平らな樹の下では、ピノキオたちがごあいさつ。(写真左、写ってないけど) 

画像
画像




 アメリカンウォーターフロントの港沿いの通りでは、世界のさまざまな屋台がずらっと並ぶ、

 ニューヨーク・インターナショナル・フェア

 を開催中。


 フォトロケーション。

画像



 世界の屋台がせいぞろい。食べ歩きラリーも開催中。

画像
画像



 ランチを食べたばかりなので、ラリーには参加せず、アイスクリーム購入。
 右、スペシャルケース入りの塩バニラ・アイス。
 一口目は、うっ、塩からい・・・・、と思うが、食べていくうちにやめられなくなる。

画像
画像



 いろいろなバンドの生演奏も。写真はムジカ・メヒカーナ。
 ドナルドたちと一緒にアトモスフィアショーも行なっているらしい。

画像



 
 そして、通りの正面に停泊している豪華客船、S.S.コロンビア号前のドッグサイドステージでは、

 世界一周を終えたミッキーのおみやげのグルメ料理たちが、歌って踊るスペシャルショー、

 テーブル・イズ・ウェイティング (~10月31日(金)まで)

 が、華々しく開催されます。

 これについては、別につけたし特集記事で、くわしくご紹介します。


画像




 秋の花でいっぱいのパーク内風景
 
画像
画像


画像



 小春日和の船旅

画像




 現在ランドでは、ハロウィーンのイベントが大々的に行われていますが、
 シーでは、20世紀初頭アメリカのひなびた港街、ケープコッドが、ハロウィーン一色になっています。


 ダッフィーのケープコッドのハロウィーン


 ダッフィーのフォトポイントもハロウィーンバージョン。
 右は、フォトロケーションのダッフィー。いっしょに写真を撮ってくれる。

画像
画像



 ハロウィーン真っ盛りのケープコッドの風景。

画像
画像


画像
画像



 ちょうど夕暮れ時になり、ケープコッド名物の、ステップアウトバンドのショーが始まった。
 これも、ハロウィーンバージョンとのこと。

画像



 いつもながら見事なタップ。写真を拡大してごらんください。ほんとに飛んでます。

画像
画像




 さて、ディズニー・ア・ラ・カルトの楽しいイベント、おしまいは、

 ジーニーのゆかいなフードマジックパーティー


 ランプの魔人・ジーニーが、アラビアンコーストのカレー・レストラン、カスバ・フードコートのシェフになっておもてなし。
 あちこち、ジーニーだらけ。

 今日のディナーは、ここでカリーブッフェ。(期間限定)
 右の写真の小さな入り口の奥が、ブッフェエリア。

画像
画像


画像
画像


画像


画像
画像




 お店の前の広場で行われる、ストリートシークスのアトモスフィアショーにも、ジーニーたちが飛び入り参加。


 あやしいアラブの行商一行がやってきた。

画像



 ボロ布を脱ぎ捨てると、ダンサーとバンドが登場。
 この人たち、どこかで見たことある。特に、ダンサーの「ヒェーーーーイッ」という掛け声は聞き覚えが。

画像



 さらにあやしげな二人が。もちろん、ジーニー&アブー。

画像
画像



 踊りまくるジーニーたち。 
 左の写真の右奥に移ってる絨毯は、実はキーボード。

画像
画像



 アラジン&ジャスミンも登場。

画像



 アラジン&ジャスミンは、まるでアニメから抜け出てきたみたい。
 アブーは、ほんとに目つき悪いな。

画像
画像



 バイバイ。

画像




 今日のしめくくりに、

 シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジに。


 このアトラクション、ランドのスモール・ワールドとカリブの海賊と同じくらい好き。
(みんな船型ライドアトラクションで、たいてい、すいている)

 この日も、あの阿鼻叫喚のブラヴィッシーモの最中とは言え、ほとんど一船貸切状態。
 歌もすっかり覚えたので、いっしょに合唱しながら、七つの海の航海を楽しみ、身も心も癒されました。

 宝の山よりも大切なものを見つけた。それは友情~~、

 と高らかに歌いながら、重さで船が沈んでしまいそうなくらいの金銀財宝を故郷に持ち帰るシンドバッド・・・・。
 大好きです。


画像



画像
画像




 今年はなんと花火大会に一度も行けなかったので、「ドリームス」を楽しみにしてたのですが、残念ながら、気流状況悪化のため、中止。
 でも、シンドバッドの旅の最後で、満天の美しい星空に、どかどか打ち上げられる花火を見られたので、まあ、それでいいや。



 パーク内夜景

画像
画像




画像




画像




 なんと、まだまだ、続きます。

 次回、テーブル・イズ・ウェイティングの特集記事へ。



そのほかの「記事目次」

「全体記事目次」

カンタータ日記・奥の院

浅田真央さん情報・最新版

宮沢賢治記事目次

カンタータ日記・大阪モダン建築図鑑

画像





この記事へのコメント

2008年10月16日 21:39
4年前でしたっけ、おばあさん3人組で近くのホテルに泊まってまでして行ったディズニーシーですが、同じなのは山と水面だけですね。
神戸の友人が1度見たいと言っているのですが、なかなかお招きできない状態です。
カラフルで今回はピノキオもテーマの1つですか。
全然様子が違うので、毎年楽しめるわけですね。
行かないで、Noraさんのところで楽しませていただきました。
ありがとうございました。
2008年10月16日 23:51
 tonaさん、こんばんは。
 ホテルに泊まって行かれたとは、何てうらやましい。
 いつも、一度泊まってみたいものだと、ホテルを横目で見上げてますが、基本的に計画性が無いのでなかなか実現しません。

 ディズニーリゾートは、四季折々で、イベントもがらっと変わるので、何度行ってもあきません。
 今回は、ピノキオやジーニー(ランプの魔人)が主役でしたが、キャラクターがたくさんいるので、ネタには困らないわけですね。
 特にシーは、四季の花々が見事です。花のガイドも配布しているので、それを片手に散策するだけでも楽しいと思います。

この記事へのトラックバック

過去ログ

テーマ別記事