夏のしめくくりは、今年も、浅草サンバカーニバル!!

画像
 パレード・コンテストの
 優勝チーム、
 仲見世バルバロスの、
 ハイーニャ・ダ・バテリア。
 正に、女王の中の女王。

 今年も王座獲得、
 おめでとう!!






















 8月29日(土)



 第29回浅草サンバカーニバル



 公式HP



 第29回パレードコンテスト結果



 今年も、この季節がやってまいりました。
 夏の終わりを熱くしめくくる、浅草サンバ・カーニバル (第29回)。 



 昨年に比べ、今年は天候にも恵まれましたが、急に暑さがぶりかえし、踊るほうも見るほうもたいへん。
 でも、どんなコンディションも吹き飛ばして盛り上がるのが、サンバ・カーニバル。

 また、今年は、厳しい経済状況の影響が随所に感じられましたが、
 むしろそんな時だからこそか、各チームとも、サンバの原点である踊りや演奏に気合いが入り、例年にも増して大いに盛り上げてくれました。



 残念ながら、時間の関係で、パレードはS1リーグの後半6チームしか見ることができませんでしたが、
 ちょうどこのあたりがパレードのクライマックス。

 今年は、その6チームの華やかなパレードについて、ここでは、主な写真だけをご紹介し、
 詳細については、「奥の院」の方に、1チームごとに1記事を書いて、くわしくご紹介しています。

 写真をたくさんのせていますので、ぜひ、合わせてご覧になってください。

 こちら

 * なお、下の各チームのところからも、それぞれのチームのページにリンクしてあります。



  S1リーグ 後半6チーム のご紹介!!



 S1リーグ No.6 

 G.R.E.S. SÁUDE YOKOHAMANGUEIRA (エスコーラ・ヂ・サンバ・サウーヂ)


 テーマ:「横浜開港150周年を讃える」 ~箱舟よ、未来へ針路をとれ!~


 公式HP


 パレード アルバム1(詳細レポート)


画像



画像




 S1リーグ No.7

 G.R.C.E.S. VERMELHO E BRANCO (ヴェルメーリョ イ ブランコ)


 テーマ:永遠の花 ~10年の軌跡を讃える!


 公式HP


 パレード アルバム2(詳細レポート)


画像




 S1リーグ No.8

 G.R.E.S. アレグリア


 テーマ:遊園地 ~子供の夢 アレグリア遊園地がやってきた~


 公式HP


 パレード アルバム3(詳細レポート)


画像




 S1リーグ No.9

 G.R.E.S. リベルダージ


 テーマ:命の森 アマゾン


 公式HP


 パレード アルバム4(詳細レポート)
 

画像



画像




 S1リーグ No.10

 UNIÃO DOS AMADORES(ウニアン・ドス・アマドーリス)


 テーマ:ホーンテッド・マンション ~狂宴の館~


 公式HP


 パレード アルバム5(詳細レポート)


画像




 S1リーグ No.11

 G.R.E.S. 仲見世バルバロス


 テーマ:発見 ~科学の進歩~


 公式HP


 パレード アルバム6(詳細レポート)


画像



画像




そのほかの「記事目次」

「全体記事目次」

カンタータ日記・奥の院

浅田真央さん情報・最新版

宮沢賢治記事目次

カンタータ日記・大阪モダン建築図鑑

画像





この記事へのコメント

2009年09月09日 09:25
わー、本当に良く撮れましたね。
実は夫が行って撮影してきたのですけれども、混んでいて最初は人の頭ばかりしか写っていません。そのあとも全然いいのが撮れずに途中で帰ってきたそうです。横浜のだけはわかりました。
Noraさんは何時頃いらっしゃって、どこから撮られたのですか?
兎に角夫が感心していました。
2009年09月09日 23:01
 tonaさん、ご主人も行かれたんですね!
 途中でお帰りになってしまわれたとのことですが、最後の数チームが、一番盛り上がるので、次回はぜひご覧になってください。
 今年は、天気が良い割にそんなに暑くもなく、よいコンデションでしたが、その分、人出もすごかったですね。
 これまでの経験で、パレードの真ん中の雷門のあたりは、とにかくすさまじい人で身動きもできないくらいなので、今年は、田原町付近のゴール地点で見ました。ここだと、パレードが最後に止まってしばらく踊り続けるので、シャッター・チャンスも増えます。
 時間も、今年は、有力チームが続々登場して一番盛り上がる、最後の2時間くらいだけにしぼりました。(PM4時すぎくらいから)
 この頃に行くと、人垣の最後列になってしまいますが、昼からずっと見ている人がさすがに疲れ始めて、けっこう人の移動も多くなるので、運がよければ前の方に入り込むことも可能です。
 結局、わたしは最前列から2、3番目くらいの位置で、なんとか全体を見ることができました。
 このようなイベントは、とても楽しいですが、どうしても体力と気力が必要になりますね。(笑)
2009年09月10日 07:28
丁寧に教えていただきありがとうございました。
夫に今教えたところです。
来年は参考にさせていただき是非近くで撮影したいと言っております。
気力はあっても体力が衰えてきて、老人にはきついですね。
私はこの日、迦葉山と尼ヶ禿山などに登っていて見られませんでした。
初めてのロッククライミングで冷や汗をかいていました。
この体力で来年見られたらと思っています。
2009年09月10日 23:15
> 初めてのロッククライミング

 ロッククライミングですか!
 迦葉山というのは、tonaさんがブログにお書きになった、天狗の山ですね。
 tonaさんたちに比べれば、わたしなど、まったく体力がありません。
 人ごみでサンバなどを見るのもせいぜい2時間くらいが限界ですし、この前、三渓園では、ちょっとした展望台に登るだけなのに、何度も途中であきらめそうになりました。(笑)
 tonaさんを見習って、ほんとに少しは鍛えなければ。
(いつも口だけで終わってしまう・・・・) 
2009年12月31日 20:13
Noraさん、今年もお世話になりました。
どの記事にお礼を書かせて戴こうかなと考えたのですが、
何故かこちらになりました。肌色は好きです。(^^ゞ

来年がNoraさんにとりまして、良い年でありますよう。
ありとうございました。
 
2010年01月04日 12:13
 さすがPapalinさん、よくこちらの記事を見つけられました。(笑)
 サンバの写真に限っては、なぜか、写真の腕が上達しているような気がします。

 年が明けてしまいましたが、こちらこそ、昨年中は、たくさんの演奏を楽しませていただき、ありがとうございました。
 今年も、どんな演奏を聴かせてくださるのか、楽しみにしております。
 それでは、今年もよろしくお願いします。

この記事へのトラックバック

過去ログ

テーマ別記事