ヘンデル・イヤーの次は、奈良イヤーだっ!【顕現節後第1日曜日】

画像




 年末年始のお祝いも一段落して、今度の日曜日(1月10日)は、通常通りの、顕現節後第1日曜日という祭日です。

 
 カンタータは、
 第1年巻のBWV154
 第2年巻のBWV124
 後期のBWV32
 の3曲。


 過去記事は、こちらこちら



 昨年は、何と言っても、ヘンデル没後300年のヘンデル・イヤーでしたが、
 今年は、さらに千年さかのぼって、平城遷都1300年記念、

 奈良イヤー

 です。


 奈良は、日本のまほろば、日本人の心のふるさと。
 ただ、質、量ともに圧倒的な、彫刻・絵画から建築にいたる、世界に誇るべき文化財をその懐に抱きながら、観光面での人気は、いつも華やかな京都の影にかくれがち。
 そこがまた魅力なんだけど。
 記念年とは言え、その渋さでは、ヘンデルといい勝負なのではないでしょうか。


 プレ記念年の昨年は、幸運にも2回、奈良を訪れることができ、ますますその魅力にとりつかれました。
 そのせいもあってか、最近、本ブログにおきましては、日本古来の芸術作品への傾倒が著しく、果たしてこれでいいのか?と、自分でも突っ込みたくなる今日この頃ですが、こうなったらしかたありません。行けるところまで行こうかと。
 今年は、何度訪問できるかわかりませんが、奈良イヤー、何とか盛り上がるよう、遠いところから応援していきたいと思います。


 もちろん、
 カンタータを始めとするバッハ作品、
 ようやく聴き始めた(遅っ!)オラトリオを始めとするヘンデル作品、
 ヨーロッパ・クラシック音楽のまほろば、中世音楽を中心とする古楽、
 などについても、今年こそはきちんとした記事を書いていきたいと思っております。


 あ、あと、今年は映画もたくさん見ていきたい。できれば映画館に行って。


 以上、いまさら、ですが、今年の抱負でした。



▽ 奈良カルタ

 今年はお正月から奈良三昧。
 年末、本店が奈良にある和風雑貨屋でゲットした、奈良カルタ。イラストがかわいい。
 (クリックの上、拡大すると、よく見えます)
 何の絵だか、みんなわかったら、奈良おたく。ぜんぜんうれしくない?  

画像


 きれいな布で包まれ、木箱に納められていた。

画像




2009年春の平城京跡の状況



平城遷都1300年祭 公式HP



▽ 今年は、君が主役だ!
  いまだに、なんとなく100%心を通わせあえないような気がするけど。

画像




 年末年始の江戸総鎮守、神田明神

 今年が、「平らかなる」年であることを心より祈願する。


 年末、大祓いの頃。
 快晴。境内は美しく掃き清められ、新年の準備もすっかり整った。右、何だか未来的なテント。

画像
画像





 年が明けて、仕事始め。いつものように、神田神社参拝からスタート。

 例年にも増して、すさまじい人。
 三が日明けの仕事始めが4日だったせいもあると思うが、神頼みの会社も多いのだろう。みんな真剣。

画像


画像


 大部分がスーツ姿のビジネスマン。
 三が日の晴れ着などの晴れやかさは無いが、これはこれで壮観。なんだか迫力がある。

画像


画像


 左、飛行船。この日はやたら飛行物体が多かった。
 右、仲良い鳳凰の親子?

画像
画像




そのほかの「記事目次」

「全体記事目次」

カンタータ日記・奥の院

浅田真央さん情報・最新版

宮沢賢治記事目次

カンタータ日記・大阪モダン建築図鑑

画像





この記事へのコメント

2010年01月10日 15:03
Noraさん、明けましておめでとうございます。
ご挨拶が遅くなりましたが、今年も宜しくお願いします。

神田明神はもう30年位行っていませんが、とても懐かしい写真を見させていただきました。ありがとうございます。近くを通ることは多いので今度は寄ってみたいと思います。
2010年01月11日 22:34
 ハルくんさん、おめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
 ハルくんさんのブログ、いつも拝見していますが、ブルックナー&マーラーシリーズ、いよいよ佳境ですね。どのようなCDが登場するのか、楽しみにしています。

 神田明神は、りっぱな鳳凰殿や、かわいい少彦名命像などができて、だいぶ様変わりしましたが、昔ながらの江戸総鎮守としての雰囲気はいまだにしっかりと生きていると思います。ぜひ、おでかけください。
かげっち
2010年01月12日 12:46
こんにちは。神田明神も奈良も30年以上ごぶさたです。

去年は奈良に行く機会があるはずだったのですが、急な事態が発生して断念しました。前に行った時は演奏旅行で午前中に到着、夜は大阪宿泊だったので、外をほとんど歩いていないのです。その前は高校の修学旅行。

神田明神もお正月の風景は、日ごろとずいぶんちがうのですね。今年が穏やかな年になるとよいですね。
2010年01月19日 14:31
 奈良は、修学旅行で行ったきり、という方が多いようですね。
 しかも、東大寺とか、法隆寺とか、決まったところだけ行くのがほとんどみたいで、もったいないです。
 お正月から、TVなどでもけっこう特番をやってますが、1300年祭、盛り上がるといいんですけど・・・・。

この記事へのトラックバック

過去ログ

テーマ別記事