島唄&太鼓よ、日本の空に響け!今年も熱く燃えた新宿ウチナー’11【三位一体節後7】

 今度の日曜日、8月7日は、三位一体節後第7日曜日。

 カンタータは、

 第1年巻のBWV186
 第2年巻のコラールカンタータですが、自由詩の無いコラール全詩節テキスト・カンタータのBWV107
 後期のBWV187

 の3曲です。

 BWV187は、小ミサ曲の原曲。
 このあたりから、小ミサ曲の原曲となったカンタータが多数登場し始めます。


 過去記事は、こちら。↓


 <三位一体節後第7日曜>

    「小」ミサ聴き比べ&テキスト・カンタータのミステリー(BWV187、107他)



画像



画像




 7月末に新宿で同時に開催される沖縄関係のイベントに関する記録、
 真夏の新宿ウチナー・レポートも、これで、はや5年目。

 我ながら、毎年毎年よく飽きずに同じこと続けてるなあ、とも思いますが、毎年毎年、新しい出会いがあるからやめられない。



画像




 7月30日(土)


 
 オリオンビアフェスト イン イセタン ライブ @ 伊勢丹新宿店本館屋上 アイ・ガーデン


画像


画像



 オリオンビアフェストの顔とも言える存在だった(わたしにとって)、伊禮麻乃さんが参加しなくなって、もう3回目のオリオンビアフェスト。
 さびしいことはさびしいのですが、そのかわり、一昨年の仲田まさえさんみたいに、それまで知らなかったすばらしいアーティストの才能に間近に接することができるのは、やはりかけがえのない喜びです。

 今年もまた、そんな魅力的なアーティストを、知ることができました。


画像



 今年見た中で、一番印象的だったのが、

 LUCYさん。


 ペルーで生まれ育った日系3世のLUCYさん。(その点、あのアルゼンチンのクラウディアさんを思わせる)
 おばあちゃんの影響で、幼い頃から沖縄民謡に親しみ、民謡大会にペルー代表として参加したりした後、ついに来沖、現在は沖縄を拠点に歌手活動をしています。

 日本語はまだ多少不自由なところがあるようですが、歌声&三線は、堂々たる本格派。

 力強くのびやかな、聴く者を圧倒するような歌声。
 しかし、サビの部分でも、声を張り上げて感情を表現するのではなく、どこまでもゆるやかに、淡々と、あくまでも自然な沖縄民謡独特の節をつけて、しみじみと語りかけるように歌う。
 つまりは錚々たる沖縄民謡の唄者たちと共通する歌い方をすでに身につけているわけで、よりストレートに歌が心に飛び込んできます。


画像



 女性が歌った中では、最高レベルとも言える「イラヨイ月夜浜」の名唱、

 スペイン語の歌詞がひときわ情感豊かで心に響いた、「てぃんさぐぬ花」など、

 都会の真ん中で、沖縄の空に抱かれ、風に吹かれているような、すてきな15分間(あっという間の15分間)を過ごすことができました。


画像



 
 さて、それからもちろん、こちらも。


 2011 新宿エイサーまつり


 「がんばろう日本!新宿から思いを太鼓にのせて」というテーマどおり、
 従来のように、エイサー・チームだけではなく、東北からゲストを招いて、東北のお祭りチームもいっしょになって、真夏の東京・新宿に、踊りの輪を広げよう、という趣向でとり行われました。

 そんな中、わたしが最も楽しみにしていたのが、

 福島・いわきのじゃんがら念仏踊り

 7年ほど前に沖縄本島を訪れた時、北谷(ちゃたん)で開催された郷土芸能大会で、エイサーとルーツを同じくすると思われる踊りということで、やはりゲストとしてじゃんがら念仏踊りが登場し、その踊りを一目見たとたん、そのあまりの迫力と美しさに、いっぺんで魅せられてしまったのです。
 
 しかし、実際にこの日、エイサー祭り会場に行ってみて、タイムテーブルを見てがっくり。
 (前日から、新潟・東北地方に大きな被害をもたらしていた記録的豪雨の影響からか)じゃんがら念仏踊りの演舞は急きょ中止になってしまっていたのです。

 残念だけど、やむをえないか。
 ただ、もしこれが災害によるものだとしたら、復興の一端として踊りの輪を広げようとしていた人たちの足までも止めるとは、自然はどこまで人々を苦しめるのか。


画像



 しかし、そんなことを言っててもしょうがありません。
 もう一組のゲスト、仙台雀躍りのチームは、元気な踊りを披露してくれて、
 例年よりも若干規模は縮小されたとは言え、今年も無事、真夏の熱い踊りの祭典が、大都会・新宿のど真ん中でくりひろげられたのでした。

 以下、印象深かったチームの写真を何枚か。


 まずは、はるばる東京まで来てくださったことに敬意を表して、こちらから。

 仙台すずめ踊り

画像
画像



 次は、沖縄からのゲスト、

 今帰仁村 湧川青年会

画像


画像
画像


画像



 あとは、毎年おなじみのチーム、ほか。


 上石神井琉球エイサー会、合四工クラブ

画像
画像



 新風(あらかじ)エイサー 

画像


画像
画像



 旗頭(琉球旗頭會&首里当蔵町旗頭)

 新宿の空高く、今年も萬國津梁の旗が、掲げられた。


画像


画像



 萬國津梁。

 世界がおだやかでありますように。


 * 2011 新宿エイサーまつりで、
    わたしが見た各チームの説明と感想について、奥の院に詳しい記事を書きました。↓


   こちら




 最後におまけ。順番がバラバラになってしまいましたが。

 大沖縄展 @ 伊勢丹6階催物場


 食べたもの。いつもといっしょですが。

画像


画像
画像



 上のかまぼこで、早速チャンプルーをつくった。

画像




そのほかの「記事目次」

「全体記事目次」

カンタータ日記・奥の院

浅田真央さん情報・最新版

宮沢賢治記事目次

カンタータ日記・大阪モダン建築図鑑

画像





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

過去ログ

テーマ別記事