実りのフェステイバル @ サンシャインシティ、ほか。食欲の秋の話題【三位一体節後第21日曜日】

 おそくなってしまいましたが、カンタータのお知らせから。


 今日(11月9日、三位一体節後第21日曜日)のカンタータは、たくさんあって、いずれも名曲ぞろい。
 バラエティに富んだ秋の作品群をお楽しみください。


 まずは第1年巻のBWV109
 コラール・カンタータ(第2年巻)は、古様式多用の格調高い名品、BWV38
 それから、後期作品のBWV98BWV188です。

 コラールカンタータ、BWV38の厳粛な雰囲気に対して、
 後期2作品は、どちらも「小春日和」という言葉がぴたりの、今の季節にぴったりの作品。
 全体的にしっとりとした感じの佳曲、BWV98、そして、秋のカンタータを代表するような美しさに満ちた、舞曲アリアのある名作、BWV188。

 
 過去記事はこちら。↓


 <三位一体節後第21日曜>

    夢のピカンダー年巻はどこに(BWV188、98他)
    お気に入りのアリア・ピカンダー編、今この季節のための音楽(BWV146、188)
    フーガとジャズは、親戚か?魂のインタープレイ(BWV38、188)



画像
画像




 今回も、サンシャインシティで行われていたイベント、ほか、
 食欲の秋らしい話題。



 食と農林漁業の祭典

 第53回農林水産祭 実りのフェスティバル ~収穫の秋を満喫しよう~

  @ サンシャインシティ ワールドインポートマート 4階展示ホールA


 ポスターをよく見ると、「食べて応援しよう」というキャッチフレーズのすぐ横にウサギが。

画像
画像




 日本全国のブースがずら~~っと並び、それぞれの土地自慢の新鮮な特産品、ご当地グルメを趣向を凝らして紹介、試食しまくり、また、激安で購入することができる。

 この通りを少し進んだだけで、おなかいっぱいに。
 各地のご当地キャラ、昔ながらのキャラ、ミス○○なども大集合。

 正に夢のよう。


画像
画像



 ブースがあまりにも多くてきりがないので、今回は、東北にターゲットをしぼった。


 東北のおいしいもの、いろいろ。

 山形のブース。

画像


 左、懐かしの芋煮と玉こんにゃく。
 右は、よく似ているが、岩手のいも汁。
 芋煮は100円だったが、いも汁は、無料で配っていた。
 
画像
画像


 岩手ブースでは、せんべい汁と南部せんべい・つめあわせを購入したら、
 新米とわんこきょうだいコースターがついてきた。わたしがもらったのは、わんこきょうだいの内、うにっちだった。

画像


 福島牛。試食なのに、やたら量が多い。

画像


 りんごいろいろ。
 左、福島の王林。右、青森のふじととき。
 同じリンゴでも、味、食感等まるでちがうということを実感できた。

画像
画像


 秋田のおいしそうなジュース。

画像



 季節柄、柿等が大充実!

 西条がき。妙な形だが、甘くてとろけるようにおいしい。

画像


 柿、梅ほか、買ったり、もらったりしたもの。

画像




 キャラ関連も大充実。


 秋田の伝統的キャラの方々。

画像



 休憩コーナーで、戦利品を食べている時、ふと気配を感じて顔をあげたら、目の前に、今年のゆるキャラグランプリ(ご当地部門)優勝の大スターが、さびしそうに立っていらっしゃった。

 ぐんまちゃん。

画像


 群馬コンシェルジュのお姉さんに連れられて、お仲間のところへ。 

画像


 ミナモくんにやたら愛想をふりまくぐんまちゃん。

画像


画像



 その他、あちこちで見かけたキャラ。

画像
画像


画像
画像




 毎年恒例、東西北海道対決。


 秋の大北海道展 @ 池袋東武


 左の巨大な餃子は、トマトがまるごとはいってるイタリアンな餃子。

画像
画像



 北海道うまいもの会 @ 西武池袋本店


 いつもラーメンばかりで芸が無いので、赤井川村の村そばへ。
 でも、今回は、北海道小麦を使ったえびつけめんがあり、結局それも食べてしまった。

画像
画像



画像
画像






そのほかの「記事目次」

「全体記事目次」

カンタータ日記・奥の院

浅田真央さん情報・最新版

宮沢賢治記事目次

カンタータ日記・大阪モダン建築図鑑

画像





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

過去ログ

テーマ別記事