4月の桜アルバム・その1【復活節後第1日曜日】

 明日(4月28日)は、復活節後第1日曜日。

 カンタータは、第1年巻のBWV67、
 ライプツィヒ2年目の(ただし、もはやコラール・カンタータではなくなっている)BWV42、
 の2曲。

 どちらも、復活節の雰囲気をそのまま引き継ぐ、春の気配の色濃い名作カンタータです。
 復活節のカンタータの一つの側面である、春のしっとりとした情緒のようなものが、さらに強調された美しい曲調も。

 なお、これが、平成時代最後の記事ということになると思います。

 平成から令和へ。
 時代は移り変わりゆくとも、淡々と、ただひたすら淡々と続けていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。


 過去記事はこちら↓


 <復活節後第1日曜>

    「教会」コンチェルト・バッハの最高の協奏曲は・・・・?(BWV42ほか)
    桜・さくら・サクラPart 2~江戸絵画でバーチャルお花見+BWV67簡単解説      

  



 3月から4月にかけて撮りためた桜の写真を、ようやくアップしていこうと思います。

 今さら、ではありますが、初夏GWに突入したとは言え、このところ急にまた寒くなってしまいましたし、今週のカンタータも、上記の通り、復活節の延長のようなところがありますので、
 お許しください。


 神田明神、それから空蝉橋の桜を。

 ソメイヨシノ発祥の地である駒込付近を中心に、春の豊島区はどこもかしこも桜だらけですが、今年はその中でも、大塚の空蝉橋をクローズアップ。



 神田明神



画像




画像



画像



画像
画像


画像



画像


画像




画像




画像




 空蝉橋


画像



画像
画像



画像






 Echika ギャラリー

画像
画像





「全体記事目次」

カンタータ日記・奥の院

浅田真央さん情報・最新版

宮沢賢治記事目次

カンタータ日記・大阪モダン建築図鑑

画像





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

過去ログ

テーマ別記事