三位一体節後23 真央旅・9月日光 その3 日光山

明日(11月24日、三位一体節後第23日曜日)のカンタータは、

初期のBWV163、
コラール・カンタータ(第2年巻)の、BWV139、
そして、4年目の、BWV52、
 
の3曲です。

深まる秋にぴったりの3曲がそろいました。
 
澄み切った秋の空を思わせる凛とした佇まいが全編を貫く、格調高い名品。
さすがはこの時期のコラールカンタータ、BWV139。

おなじみブランデンブルグ協奏曲の楽章で幕を開ける、もう一つのソプラノ・ソロ・カンタータ、
色づく秋、豊潤な実りの秋にふさわしい、華麗で幸福感いっぱいの名曲、BWV52。


過去記事は、こちら↓


<三位一体節後第23日曜>

  三位一体節後第23日曜(BWV52、139他)


さて、早いものでもう11月も終わり、カンタータの暦も、今年は復活節が遅かったこともあって、この三位一体節後第23日曜日の秋たけなわの名曲をもって一段落、ということになります。
来週からまた、クリスマス、新年に向けて新しい暦が始まります。
引き続き、よろしくお願いいたします。



霊獣の住まう森


DSC07504 (796x1080).jpg


DSC07498 (802x1080).jpg



DSC_2960 (810x1080).jpg



神橋


DSC_2894 (810x1080).jpg

DSC07543 (797x1080).jpg


すべての仕掛け人、天海どん。

DSC07545 (812x1080).jpg



輪王寺


DSC07508 (810x1080).jpg


DSC_2912 (810x1080).jpg


DSC07513 (810x1080).jpg


日光と言えば、何と言っても東照宮だが、輪王寺も、この写真の青空のように、スカッと突き抜けた天下の大寺院。
しかも、東照宮のさらに奥にも、輪王寺の魅力的な堂塔が立ち並んでいる。


三仏堂 。

平成の大修理が完成したばかりの(前回訪れた時は、修理中だった)、壮麗な清々しいお堂を拝観することができた。
江戸仏 の最高峰の一つ、
阿弥陀如来、千手観音、馬頭観音、
最強の三体の#大仏 が堂内で待っている!
ものすごーく見おろしてくださいます‼️

DSC07514 (810x1080).jpg

DSC_2989 (805x1080).jpg



そして、東照宮。



参道からのながめ、胸が高鳴る。 

DSC07426 (810x1080).jpg


DSC07429 (811x1080).jpg


五重塔

DSC_2986 (800x1080).jpg

DSC07506 (810x1080).jpg


DSC07433 (799x1080).jpg


鳥笛売りのおじさん

DSC07428 (810x1080).jpg


亀石

境内のあちこちにある礎石がみんなこんなんなっちゃってる。

DSC07438 (1080x810).jpg


下神庫

DSC_2978 (810x1080).jpg



DSC_2925 (807x1080).jpg


神厩舎

DSC_2977 (810x1080).jpg

サル

DSC07435 (1080x811).jpg


輪蔵

DSC_2944.JPG



DSC07436 (1080x810).jpg



本地堂(薬師堂)

DSC07495 (1080x808).jpg

DSC07496.JPG


DSC07497 (769x1080).jpg



陽明門


DSC_2972 (810x1080).jpg


ありとあらゆる種類の霊獣 をはじめとする彫刻群。
東照宮には全部で五千体を越える社殿彫刻が現存するが、そのうちの5百体以上がたった一つの陽明門に集中している。
平和安寧の祈りが炸裂!
家康公から引き継がれた、これでもか、これでもか、というすさまじい天下泰平、への祈り。

DSC07453 (812x1080).jpg

DSC07482 (807x1080).jpg


陽明門から神輿舎をのぞむ。

DSC07487 (793x1080).jpg

神輿舎

神輿社内部。
家康公の神輿が、頼朝神輿(左)と秀吉神輿(右)を従えている。ちょっとすごい情景。
天女の天井画も美しい。

DSC07468 (1080x805).jpg


拝殿

DSC07490 (807x1080).jpg



DSC_2988 (810x1080).jpg



さて、今回、日光山 で一番訪れたかったのが、ここ。

ランチは絶対にここで、と決めていたので、これまでずっとがまんしてきたのだ。


日光山の入口にある本宮神社 。

DSC07541 (784x1080).jpg


その鳥居の手前に、豊かな自然に溶け込むように佇むカフェがある。
その名も、本宮カフェ 。

DSC07537 (810x1080).jpg


神橋のかかる大谷川 を、美しい木立越しに見下ろすこれ以上ないくらいの好立地。
テラス席や窓際の席に座ると、爽やかな高原の風が心地よく吹き抜けてゆく。


一番のお目当ては、これ!
金谷ホテル特製のロイヤルブレッド を「器」にしたクラムチャウダー 。
当然、湯葉入り!

意外と食べるのがむずかしい。

DSC_3001 (809x1080).jpg

DSC07520 (811x1080).jpg



帰りは、東武日光駅から、何と池袋直通の特急で。

DSC_2863.JPG

DSC07580 (1080x799).jpg

DSC07574 (1080x796).jpg



DSC07587 (1080x810).jpg


「全体記事目次」

カンタータ日記・奥の院

浅田真央さん情報・最新版

宮沢賢治記事目次

カンタータ日記・大阪モダン建築図鑑

画像





この記事へのコメント

過去ログ

テーマ別記事