テーマ:漢詩

わたしの漢詩入門・その4~秋色の空。第1印象・杜牧から李白へ+書の名宝展【三位一体節後第18日曜日】

 今日(9月21日)は、三位一体節後第18日曜日。  テーマは、また、隣人への愛のたいせつさ、というようなことです。  カンタータは、  第2年巻(「コラール・カンタータ)の、BWV96、  後期4年目のアルトのためのソロ・カンタータ(コンチェルト付)、BWV169、  の2曲です。  同日の過去記事…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

わたしの漢詩入門・その3~辺塞詩・最果ての砂漠の詩

 これまでも何度か書いてきましたが、わたしは、中央アジアだとか西部アメリカの、平原や砂漠の風景が大好きです。    モンゴルのホーミーや、中央アジアの民族音楽の数々、  カンティガや吟遊詩人の歌などの中世の音楽、  ボロディンやドボルザークの管弦楽曲や、  さらには、チャーリー・ヘイデン(+メセニー)の「ミズーリの空高く…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

わたしの漢詩入門・その2~第1印象・杜牧

 毎朝、教育テレビで番組開始と同時に放送している、「漢詩紀行」を観て、(もちろん録画で)  気に入った漢詩を、後で詩集(岩波文庫版とNHKライブラリー版)で確認する、というのを日課にしています。   気に入った漢詩については、書き下し文を暗誦できるようになるまで、とにかく、覚えるつもりでいるのですが、なかなか・・・・。  まあ、ゆ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

わたしの漢詩入門・その1

 いつもお世話になっているアルトゥールさんや、ほかのみなさんのブログで、  最近、漢詩を紹介する記事を読ませていただき、すっかり感動してしまいました。  記事やコメントによると、みなさん、学生時代に少し漢詩にふれてらっしゃるようですが、  わたしは、ろくに勉強しなかったので、せいぜい杜甫や李白の名前を知ってるくらい、  漢詩…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

過去ログ

テーマ別記事